進学校の英語の宿題はやるべき?

言い方は悪いですが、偏差値が60前後の進学校の場合、学校が出す宿題を真剣にやらなくても良いという意見があります。偏差値が70くらいになると本人たちに任せるという放任主義的対応をとる学校もあるのですが、そうでない進学校の場合は質より量で勝負したがる傾向があります。もし、その学校の上位に食い込む生徒であれば、学校の出す課題よりも自分が思うように勉強した方が賢くなれます。

英語では、本人にとっては簡単すぎる問題や、それをノートにひたすら写せという宿題が出ることもあります。これは提出しないことには内定が下がるのでやらざるを得ませんが、学力向上にはなりません。この場合、先生にかけあってみると良いでしょう。私はもっと上の問題がやりたいので、別課題を提出させてくれませんか?と。

これでダメなら自学自習に力を入れるべきでしょう。英語は特に得意不得意が別れやすい科目なので、学校に合わせるのではなく自分に合わせた勉強が必要です。

PR|LiveEnglishの英会話|

This entry was posted in 英語教育. Bookmark the permalink.

Comments are closed.