書籍を用いる英会話学習では音声教材を併用する

英会話を学ぶ方法の1つに、書籍があります。街の大型の書店に行きますと、大抵は英書が多く販売されています。それを用いて英語を学ぶ方法もある訳です。
その方法の場合は、大量と英語に触れられるメリットはあります。英書にはかなり多くの英文が記載されているので、英文に触れる絶対量という意味では、確かに書籍は悪くない方法の1つです。
ところが書籍にはデメリットが1つあって、正しい発音を習得できるとは限りません。そもそも書籍は、話しかけてくれる訳ではないでしょう。発音は自分で頑張って習得する必要があるのです。和製英語の癖が付く可能性もあるので要注意ですね。
書籍を用いて英会話の学習をするなら、やはり音声教材を利用するのが良いでしょう。書籍の読み上げ英文のCDやカセットなどもあるので、それを併用するのが最も良いです。それで正しい発音を常にチェックしながら英会話の学習をするのが望ましいと思われます。書籍「だけ」で英会話の学習をしない方が無難でしょう。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

Comments are closed.