英会話ができるようになるためには、恥を捨てればいいだけ!

日本人が、英会話が得意だと思えるようになるためのたった一つにして最大のポイントは、恥ずかしいという恐怖心を克服することです。話せなくても、間違えてもいいから、英会話をしようと努力を試みることが、英会話上達への基本的な一歩です。
えてして、日本人は間違えたり話せなかったりすると恥ずかしいと思ってしまい、一度でも誤りを指摘されたら、もうその後は話せなくなってしまいます。話せなくなってしまえば、当然英会話力は下がっていく一方です。ますます話せなくなっていくだけですね。
そんな悪循環から抜け出すためには、恥ずかしいという恐怖心を克服することしかありません。
でも、そんな荒療治をしなくても、本当は、英会話の練習から始めていけばいいんですよね。つまり、これは練習だから間違えてもいいんだと思える環境から、英会話を始めるということです。例えば、オンライン英会話スクールのように、外国人と話すけれど、相手も自分の英会話力を知っていて、それを伸ばしてくれようとしているという了解があるということです。これなら、英会話力も伸びる可能性がありますね。

コメントを残す