ビジネスシーンの電話応対で聞き取れない時。

ビジネス英会話というと、取引先の用件や名前、社名などを問題なく聞き取り、取り次ぐなど、そういったスキルが要求されると思います。皆さんは、聞き取れない時、なんと相手に英語で言いますか?
One more please?(もう一度?)とかCould you repeat it?(繰り返して下さい。)と、言っていませんか?それを言うと何が起こるかというと、また同じ事をだーっと言われるだけなのです。それで本当に聞き取れるのでしょうか。1度聞いてわからないものは、だいたい2回聞いてもわからないと私は思います。だったら、最初から自分が聞きたい情報をどうやったら聞き出せるか、具体的な質問内容を書き出しておいた方がよほど相手に通じる英会話ができると思います。たとえば、自分が秘書だったとします。上司に取り次ぐために必要な情報は何か、相手の社名、名前、用件、アポはあるのか、などでしょう。それならばそれをこちらから聞いてしまえば、こちらの欲しい情報は全て手に入り、取り次ぎという任務が果たせます。repeatという言葉を使うよりも、what is your name and company? (お名前と社名は何ですか?)what is your matter of business? (ご用件は?)Do you have an appointment?(約束はありますか?)など具体的な質問を、自分から相手に投げかけましょう。そして答えてもらった、その答えだけを拾いましょう。英会話のコツは、相手のペースに流されるのではなく、自分のペースに持ち込む事です。そのほうがよほど正確に情報をキャッチでき、さらに英語でのやりとりもスムーズになります。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

Comments are closed.